ホーム » スポンサー広告就活日記 » 非正規雇用の問題点について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

非正規雇用の問題点について

全労働者における非正規雇用の割合は、下記のグラフから分かるように3割を優に超えています。

今や、3人に1人の割合で、非正規雇用というわけです。
これは、男女とも合計した全労働者のに対しての割合です。

要するにアルバイトやパートのオバちゃんなんかも働いている人全員を引っ括めた結果というわけです。

正社員と非正規雇用の割合


次に下記のグラフは、非正規雇用者の男女別・年代別にみた推移のグラフです。

非正規雇用者の年代別割合
(クリックで拡大します)

こうした背景も見ながら、非正規雇用の問題点とは何なのか、正社員との比較もしながら、現非正規社員自らが調べた内容を書いてみます。

1.非正規雇用は、辞めるのが前提
2.働けて、ナンボ&昇給なしの世界
3.仕事を失うリスクが常にある
4.自分の席がないに等しい
5.スキルアップの機会がない
6.正社員登用有の現実
7.非正規雇用と正社員、月収は同じでも中身が違う
8.非正規雇用の低所得者が増加の一途
9.新人教育なんてありません

1.非正規雇用は、辞めるのが前提
正社員は継続雇用なので、「辞めさせない」のが前提ですが、非正規雇用は、業務が多忙な時期などに一時的に働いてもらう臨時雇用ですね。

つまり、継続的な雇用が保障されていないので、必要なくなれば、「辞めてもらう」のが前提という労働形態です。

ちなみに私の場合は、現在、期間工という非正規雇用で働いています。

契約期間6ヶ月、その都度更新の有無が決定・通達され、最長でも2年半までという臨時雇用になります。

非正規雇用は、辞めるのが前提とタイトルを付けましたが、正確には、辞めてもらうのが前提といった方が正しいですね。

※非正規雇用とは?
正社員以外の雇用形態で働く人を総称して非正規雇用と呼び、私が知る限り、非正規には、パートタイマー、アルバイト、派遣社員、期間従業員がある。非正規雇用については、非正規社員、略して非正社員、非正規労働(者)と言ったり、期間従業員は、期間社員、期間工ともいう。

2.働けて、ナンボ&昇給なしの世界
正社員として働く人は、基本月給制で、昇給があります。

では、非正社員で働く人は、月給制でしょうか?

違います。

時給制です。

時給制とは・・・働いてナンボ、働けてナンボの世界。

病気や怪我で欠勤すれば、その分、給料が減ります。

休んだ分が、1時間ごとに計算され、収入が減ることを意味しています。

また、昇給もありません。

私の職場では、ひどい風邪を引いているのに無理をして出勤する期間工もいます。

入院などで欠勤が長引けば、給料が減るだけでなく、次回契約更新の保障はありませんし、正社員のように休職制度も当然ありません。

私の身近で職場の正社員が2人、椎間板ヘルニアとひどい腰痛の為、手術入院することになり、数週間休職しました。

入院前、「お前ら期間工が、俺と同じように入院するはめになったらどないするねん。生活できへんやろ。やっていけへんで、ホンマに」と話していたのを思い出します。

又、定期健康診断で何か引っかかれば、それを理由に契約更新されないということにもなりかねません。

特に製造業の期間工などは、健康には要注意ということになります。


3.仕事を失うリスクが常にある
非正規の雇用形態は、2、3ヶ月や半年といった短期間契約なので、常に仕事を失う危険に晒されています。

以前の記事→「正社員と非正社員の年代別にみた平均年収」にも書いた通り、常に仕事を失う危険をはらんでいる為、失業→無収入→就活→再就職という負のスパイラルを繰り返すことになります。

簡単に書きましたが、いつ失業するか分からないプレッシャーやストレス、不安が付きまとうことになります。

例えば40歳を過ぎて、何度も何度も履歴書を記入したり、求人に応募したり、若い方と一緒に適性試験を受けたり、面接を受けるのは大変な労力を必要とします。

正社員でも昨今は、リストラや早期退職募集など安定しているとはいえないから、正規も非正規も変わらないという意見もたまに聞きますが、非正規雇用の場合、もっと短期間で、定期的に期間満了や雇い止めがあるということを知っておくべきでしょう。


4.自分の席がないに等しい
非正規雇用を続けるのは、自分の席がないままともいえます。少なくとも、私の経験上。

これは、実際に会社へ行って、自分の席がない、席が決まっていないという意味ですが、同時に自分の立場にも置き換えられます。

自分の席がない=立場が弱い。

私の場合を例に挙げると、現在、出勤して職場へ行っても、自分の席がないので、引継ぎが始まるまでの間は、立ったまま待っています。

共用席も共用PCも数が限られているので、譲り合いの精神で空いている時のみ使えます。


5.スキルアップの機会がない
これは、非正規社員である期間工として働いていたら、日頃感じることではないでしょうか。

割り振られた仕事を遂行するのが、派遣社員や期間工なので、任された仕事が終われば指示待ち状態。

正社員と比較すると責任が軽い反面、仕事の幅が狭いのです。
又、社内教育やスキルアップの機会がありません。

他、自分の席がない、メールが使えない、アクセスの権限がない、評価制度がない等。

自分の席がないというのは、居場所がない、寛げる場所がない、落ち着かないなど感じることが多くあります。


6.正社員登用有の現実
正社員登用ありというのは、いわゆる釣り広告だと思ったほうが無難です。

私も何度も淡い夢を抱いては、そんなことはほぼありえない現実に打ちのめされてきました。

いつ、どれだけの人数が、正社員へ登用されたのか?実績を必ず確認するべきです。

実績の記載がない正社員登用有りの求人がほとんどなので、本当にあるのかよっ!と言いたくもなります。


7.非正規雇用と正社員、月収は同じでも中身が違う
あなたが就職活動中だとしたら、仕事を選ぶ時、何を基準にしますか?

例えを出してみます。

月収15万円の正社員と月収20万円の派遣社員の内定が出たとします。

あなたなら、どちらを選びますか?

勿論、総合的に決めるとは思いますが、分かりやすいように他の待遇面は相違なく月収だけ違うこととします。

それぞれの年収は、正社員が180万円。派遣社員は240万円。

かなりの差がありますね。。


年収240万円の方を選びたいところですが・・・。

派遣は雇用が不安定です。

契約延長がされなければ、失業→次の派遣が決まるまで収入が途絶えてしまいます。

1年後に失業、その半年後に次の派遣先(月収20万円)が決まったと仮定します。

すると、2年後の年収は、正社員が180万円。派遣社員は、120万円。

2年間の収入は、正社員が360万円。派遣社員は360万円。

わずか、2年で年収額は逆転せずも同額になってしまいました。

(違いをわかりやすく説明する為、失業した際の雇用保険や再就職手当、正社員の昇給・賞与等は含めていません。)

派遣社員の場合、雇用が常に派遣先の業績に左右されるので、失業する可能性が常にあり、再就職した際も前職と同程度の待遇・給与額の仕事に就けるとは限らないという点に注目して頂きたいです。

月給20万円の人が失業した場合、1ヶ月当たり20万円のマイナスになるということです。

再就職するのに月日がかかれば、本来あったはずの収入がその分ゼロになりますし、「再就職できたが、月収は下がってしまった」というのはよくある話です。

正社員だと、基本昇給がありますし、勤続年数に応じて月給が上がったり、昇格や○○手当などの支給があったりしますね。

たとえ一時的に収入が下がったり、賞与カットされることがあったとしても長い目で見れば、非正規雇用と比べて雇用が安定している=収入も安定していると言えます。


逆に雇用が不安定ということは、収入も不安定なので、数年先、数十年先の年収は下がっていく傾向にあります。

もしくは、下がりはしないけど、上がりもせず、何とかほぼ横ばい状態でキープしている。

これが、正社員と非正規社員の収入の中身が違うというカラクリです。

今はほぼ同じだとしても、先々必ず違ってきます。

非正規雇用のままだと、年収が上がらない、上がりにくいということですね。


8.非正規雇用の低所得者が増加の一途
先日のニュースで、民主党のマニフェスト作成の段階で、子ども手当の支給よりも雇用の創出が必要だと視聴しました。

是非は別としても、ワーキングプアなど低所得者層はますます増え、格差が広がっています。

以下の記事もご参考まで。
正社員と非正社員の年代別にみた平均年収
年収200万円以下の非正規社員、74%

日本経済の先を行っているであろう、米の現状をニュースで最近観たのですが、日本以上に高い失業率が続き、仕事がない為、住む家もなくなった人達が、テント村という場所で生活していました。

テント村の住人は、仕事がない40代が多い中、最近では20代も増えつつあるということでした。

インタビューを受けていた、ある20代男性は派遣で働いてきたが、収入が少なく、部屋を借りることが出来なくなり、ここ(テント村)に来た、と答えていました。

非正規の雇用をいくら創出したところで、根本解決はしません。

失業や雇用といった問題は長引くのでしょうが、低所得者層を引き上げる何らかの政策が、少子化対策にもつながるのではないかと個人的に思います。


9.新人教育なんてありません

これについては、非正規雇用の問題点の大きな理由とはならないかもしれませんが、きちんとした教育制度が整っていれば、新人教育という点では、良い会社といえますね。

別の記事として取り上げましたので、追加という形にさせて頂きました。

上記リンクか、下記よりご覧になれます。

http://arofourjob.blog65.fc2.com/blog-entry-135.html


最後に

私なりに考える非正規雇用の問題や正社員との違いなど、自虐でもなく他虐でもない、個人的見解として非正規労働の現実・現状をありのまま書いてきました。

もし、私が正社員としてずっと働いていたとしたら、非正規雇用について、こんなに考えることはなかったと思います。

正社員として働く人にとっては、新聞やニュースで目にすることはあっても、自身とあまり馴染みのない話題でしょうから。

非正規労働者とは、会社にとって、使い捨ての人件費程度に過ぎないのでしょうか。

いや、非正規社員でも働いている以上は、一時的とはいえ、正社員と同じく会社を支えています。

現実に差別を感じることに遭遇することもしばしばありますが、非正規雇用だからといって、人間の価値が低いなんてことは決してありませんよ。

まだ若い人たちには、非正規雇用を選ぶことによって、これだけの欠点やリスクがあるということを知ってもらいたく、又、知らなかったことで損をしたり、後悔してほしくないという気持ちから書いてきました。


一方で、非正規雇用の職場であっても、世の中には正社員同様、長く働ける職場もわずかながら存在するでしょう。

見方によっては、ここに挙げた非正規雇用の問題点に当てはまらない求人や職場であれば、入社を検討できるものさしになるのではないでしょうか?


世の中には、実に様々な事情を抱えて働いている人が大勢います。

自分が納得すれば、非正規雇用で働くという選択肢でも構わないのではないか、と私は考えます。

しかしその場合、なるべくなら、派遣ではなく直接雇用をお勧めしますが。

でなければ、周りの社員とのギャップや差を感じる場面に遭遇したり、スキルを身につける機会になかなか恵まれない場合があるように感じます。

企業が一時的に労働力を確保する為、臨時で雇用するのが非正規雇用。

その非正規雇用で働いている以上は、「正社員以上に雇用と収入が不安定なんだ」と自覚しておくべきだろうと思います。

自分の目標や夢を実現するために、逆に非正規雇用を利用してやる!というくらいの気持ちを持っているのなら良いのではないでしょうか?

実際、今の職場で知り合った中で、司法書士の資格を取得した方がいましたから。
トータルで、5年かかったと言ってましたが・・・。

又、アルバイトや派遣など非正規で働きながら、じっくりと正社員の仕事を探し、就活するというのも結構だし、素晴しいアイディアでしょう。

ただし、かなりの精神力や忍耐力も必要で大変でしょうから、自分の気持ちや心が折れない工夫も必要でしょうね。

しかし、これに関しては、新卒の方にはオススメしません。
大卒後、1~2年なら、就活の方に労力を注いだほうが良いと思いますね。


◆読むだけで「人生がうまくいく」48の物語

コメント一覧

40代失業中 URL 2012-11-13 Tue 21:09:51

リアルな現実を見させて頂きました。

最近の求人は、月給制よりも日給月給のところがとても多いような気がします。

正規と非正規、たった一文字違いですが、
天と地ほどの差があるんですね・・・。

ドンドン URL 2012-11-13 Tue 21:45:29

非正規雇用をドンドン増やして欲しいですね
国が存続できない状態になってから気づいても
立ち行きません まあ非正規社員推進は国策がらか従いましょう 少子化推進にも協力しましょう

アラフォー就活生 URL 2012-11-14 Wed 02:58:03

コメントありがとうございます!
40代ということは、同年代ですね。。

> リアルな現実を見させて頂きました。

知っている人は、わざわざ聞きたくないと思いますが、知らない人向けに書きました。

> 最近の求人は、月給制よりも日給月給のところがとても多いような気がします。

多いでしょうね。新卒向けの求人を除いたら、9割以上が非正規になるんでしょうかね。

> 正規と非正規、たった一文字違いですが、
> 天と地ほどの差があるんですね・・・。

本当ですね。コメント頂いたこともありますが、正社員職でも吃驚する程の安月給もあるようです。
ハローワークでは多いですね。ハロワで思い出したんですが、以前こんな会社の面接を受けました。
http://arofourjob.blog65.fc2.com/blog-entry-15.html
36協定の届出はされていたのだろうか。

アラフォー就活生 URL 2012-11-14 Wed 03:55:29

非正規雇用をふやしたところで、国が立ちいかなくなることはないでしょう。
税収さえあれば、国は成り立つのではないかと思います。

前にもらったコメントを探していたら見つかったので、ご紹介しておきます。
「批判の矛先を政府・政治家に向けている限り、労働環境改善はあり得ません。向けるべきは、政府・政治家を背後から操る、経済界の連中です。」
当時は、両方とも動かなければ改善できないだろうと思ったのですが、今では確かにそうかもと思います。

2012-11-14 Wed 07:17:28

このコメントは管理人のみ閲覧できます

副業でシェアオーナー URL 2012-11-14 Wed 23:59:20

アラフォー就活生さん、お久しぶりです。

ここに書かれている事はアラフォー就活生の実体験も交わった正論だと思います。

ただ、どうしても引っ掛かる事があるのですが、そこまで批判している非正規雇用(期間工)をどうして続けられているのでしょうか?

非正規雇用を批判しつつも、正社員の道のりは遠いので暫くは期間工に間借りすると言うか安住してしまっているように(私には)思えてしまうんですよ、アラフォー就活生さんが、、

以前担当されていた製品の製造が打ち切られた際に、(酷な言い方ですが)契約終了になっていた方がアラフォー就活生さんの為になると言うか将来が開ける可能性があったんじゃないかと思うのです。

非正規雇用はダメな事が分かっているのに、何となく惰性で期間工を続けてしまう事の方がダメと言うか、後々で後悔してしまうようなことにならないとも限りません!

きつい事を書きましたが、ご一考頂ければ幸いです。

アラフォー就活生 URL 2012-11-15 Thu 04:30:10

管理人のみ閲覧できるコメントありがとうございます。
又、詳しいご回答ありがとうございます。

私も同じところを目指しているので、大変参考になります。
今度、過去記事も参考にさせて頂きますね。

アラフォー就活生 URL 2012-11-15 Thu 05:27:11

シェアオーナーさん、お久しぶりです!お元気ですか。

> ここに書かれている事はアラフォー就活生の実体験も交わった正論だと思います。
>
> ただ、どうしても引っ掛かる事があるのですが、そこまで批判している非正規雇用(期間工)をどうして続けられているのでしょうか?

単なる個人的意見なので、正論かどうかは気にしておりません。
間違ってるところがあったかなと思えば、訂正したいと思いますから。

意外な気持ちにもなりました。と同時に文章だけで伝えるのはいつも難しいなと感じますね。
先にあったコメントでは、どうにでもなればいい的な投げやりな内容でした(苦笑)

そういう感情にしてしまうような点もあるのかな?とか考えます。
読む人によっては、傷つけてしまう点もあるのかな?とか。

あと、正社員・非正規いずれも批判はございません。
誤解されてはいけないので、これだけはハッキリと伝えておかないといけないですね。
記事にもそう書いてるのですが、赤色で目立つようにしました。

> 非正規雇用を批判しつつも、正社員の道のりは遠いので暫くは期間工に間借りすると言うか安住してしまっているように(私には)思えてしまうんですよ、アラフォー就活生さんが、、
>
> 以前担当されていた製品の製造が打ち切られた際に、(酷な言い方ですが)契約終了になっていた方がアラフォー就活生さんの為になると言うか将来が開ける可能性があったんじゃないかと思うのです。
>
> 非正規雇用はダメな事が分かっているのに、何となく惰性で期間工を続けてしまう事の方がダメと言うか、後々で後悔してしまうようなことにならないとも限りません!
> きつい事を書きましたが、ご一考頂ければ幸いです。

心配して下さって、ありがとうございます。。
三考から四考くらいはしてますかね。とそれは冗談と捉えて頂くとして。

前にもお伝えしたかもしれませんが、私は期間工で働くと決めた時、同時に就活はその間せずに、自分のやりたい事に時間とお金をかけると決めました。

計画がなかなか進んでいないのは確かです。その点では毎日焦っています。
何の為にわざわざ来たのか?と自問自答です。

でも、期間工の仕事を選んだことは後悔しません。
自分で選んだ道だからいいと♪(後悔も言い訳も出来ないと)・・・。

月の三分の二は、夜中働いています。帰宅後この時間は眠気でウトウトしてるので、後から読むと何でこんなこと書いたんだろうと思うこともしばしば。
毎週働く時間が異なる生活です、文脈が乱れたりすることもあるのはご容赦下さい。

心配してくださる気持ちと熱意のこもったコメントには感謝いたします。

ポインセチア URL 2012-11-18 Sun 21:00:55

サイト一新ですね!
スッキリしていて、とても良いと思います。

アラフォー就活生 URL 2012-11-20 Tue 00:04:32

> サイト一新ですね!
> スッキリしていて、とても良いと思います。

ありがとうございます。
これまで、幅の狭いタイプのテンプレートを使ってましたので。
字数が多いと、さすがに読みにくかったと思います。

2012-11-24 Sat 05:18:44

このコメントは管理者の承認待ちです

アラフォー就活生 URL 2012-11-26 Mon 02:33:37

上の方で頂いたコメントに対して、当人に読んでもらえるかどうか分かりませんが、私なりの見解と意見を追加します。

率直な感想としては、そこまで言及される必要があるのだろうかと疑問を感じました。

「非正規雇用を批判しつつも、安住してしまっているように思える・・・
(酷な言い方ですが)契約終了になっていた方がアラフォー就活生さんの為になる・・・
非正規雇用はダメな事が分かっているのに、何となく惰性で期間工を続けてしまう事の方がダメと言うか・・・」

省略しましたが、まず、批判とは、特定の人や組織に対して、誤りや欠点を指摘したり、否定的に批評するという意味ですね。

記事では、非正規雇用という制度について述べていて、特定の人や組織を断定してはおりません。

一方、副業でシェアオーナーさんのコメントは、私に対して述べていますが、この内容は批判的ではないですか?
これを読んだら、嫌な言い方だなと感じたし、不快な気持ちにもなりましたが。

又、私の場合、文を書くのが上手な方ではないせいか、この記事を書き終えるのに10時間位かかりました。
分からないことを一から調べたり、日頃感じたことを思い出しながらまとめたり、読みやすい文章に直したり・・・。

思ったことをさらっとコメントするのは容易かもしれませんが、記事を書くのはかなりの時間がかかっています。他の人はそうではないかもしれませんが。

酷な言い方やきつい内容だと感じるなら、どこの誰に対してもコメントするのは控えた方が良いでしょう。

わざわざ訪問して読んでもらう方に不快にならないように注意して書いているつもりですが、至らない所もあると思います。

読んで不愉快になるのであれば、今後読まなければいいだけのことです。

私からの意見は以上です。

-------
これまではコメントが即反映される状態になっていましたが、今後は承認制にします。

心ない批判や中傷、感情的な表現、不快になりそうな内容など、読んで頂く方の気分を害したり、不快になる内容など、今後ないようにするためにも承認制という形を取らせて頂くことにしました。

読んでいる人が不快にならない普通のコメントであれば、これまで通り問題はありませんので、ご安心下さい。

ネット上はお互いの顔が見えないからこそ、常識やマナー、良識ある態度や表現が大切だと私は感じます。

「にっ」さん URL 2012-12-24 Mon 05:57:30

ご無沙汰しています。PC新調に伴うデータ移行で手間取ってコメントに時間がかかりました(しかも用意していたコメント紛失…)。
なのでとり急ぎでの私見ですが、大枠での問題点は非正規雇用が経営者にマッチしていて、労働者にマッチしていない事だと思います。いわゆるブラック企業の取材記事等で見るのですが、経営者にとって労働者は敵対関係にあるのだそうです。
じゃあなんで労働者を雇うのか、それは経営者が労働したくない、この一点の理由のためです。雇用による社会安定なんて考えていません。何故なら、労働者がいやなら経営者になればいい、これが経営者の考えだからです。確かに今の世の中はやろうと思えば経営者になるのは昭和時代ほど困難ではありません(それを継続できるかは別問題ですが)。独立も確かに方法のひとつですし、それで成功してる方も多数います。
ですが、それで就職という道を閉ざしていいかというと断じて否だと私は考えます。自分には独立できる力量があると思えませんし、いくつになっても「この会社で働きたい」という希望もあるのではないでしょうか。就職に失敗したら独立もしくは非正規、これでは労働者の未来は細走っていく一方だと思っています。

教育や立場については、権利責任と天秤の関係(のはず)なので一概には言えません。教育を受けられない代わりに成長する必要はない、立場が弱い代わりに責任は負わない、これをどう取るかだと思います。

収入については・・・こればっかりはどうしようもないですね。

今は取り急ぎなので、また考えがまとまりましたらコメントさせていただきたいと思います。

アラフォー就活生 URL 2012-12-24 Mon 10:52:35

「にっ」さん 、こんにちは!
X'masの今日は、お休みですか?
いや、こんな時間にコメントされてるということは・・・。

新しいPCに買い換えですか~いいですね。
私のXPは、いつ悲鳴をあげるかとヒヤヒヤしてます。
(サンタクロースさん、dynabookか、レッツノートが欲しいです。)

そういう会社というか、経営者が存在するのも確かでしょうね。。
一方で、お客様、社員、社会の役に立つと大きな志や目的を持って経営している方もそれ以上にいるはず。

そういうのが、社是とか理念に反映されていると思うんですね。
まっ、「そんなの建前にすぎない」と言われたらそれまでですが。


「にっ」さんや私が非正規ではなく正社員だったら、こんなこと考えることはなかったんでしょうね(苦笑)

端的に問題点だけを書いた記事だからか、反応はあるんですが、あまり印象が良くないみたいです。

こんなことばっかり、考えているわけではないんですけどね。

それを読んで、内容の一部について、否定コメされても普通に凹みますしね。。

問題点だけ読んでも、スッキリしないのかもなーとか、「だから、どうしたいのか?どうするべきなのか?」という個人的な意見も加えた方が良かったかな、と検討中です。

2013-02-09 Sat 22:19:10

このコメントは管理人のみ閲覧できます

30代使い捨て教員 URL 2013-05-29 Wed 21:20:55

私は高校教員ですが派遣です。大学も地元の旧帝国大学卒ですが、来年の仕事は今でもわかりません。長年いる非常勤の方には会うたびに嫌味を言われます。私が悪いのでしょうか。貧困家庭から死に物狂いで名門大学に入り、教員免許まで取ったにも関わらず年収は200万以下。この国は狂っている。

アラフォー就活生 URL 2013-05-31 Fri 19:13:43

コメントありがとうございます!
高校教員にも派遣があるとは知りませんでした。
旧帝国大といえば、概ね、東大・京大を除いた、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学のいずれかですね。

努力されたんですね。
でも、非常勤の方は、なぜ嫌味を言うのでしょうかね?
背景が見えてこないので、よく分からないのですが、もしかしたら「立場が弱いから」ということなのでしょうか。。

悪くはないですよ。自分を責めることなんてありません。
教員採用試験を受けるにも、年齢上限があるのでしょうか。
希望を捨てずにいて欲しいと思います。

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。