ホーム » スポンサー広告就活日記 » 会社の新年会と不昧因果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

会社の新年会と不昧因果

過日、会社の新年会が催されました。

kadomatsu20130112.jpg
↑立派な門松をパシャ

社員も期間工も、一律3千円。
給与や待遇に格差はあれど、こういう時は至って平等。

それはいいんですが、飲み会の席でも、いろんなタイプの人がいますね。

同じ班のあの人とは合わないとか、自分のいない所で陰口を言われているとか、だからこっちからも仕事以外では話さないとか、そういう話に終始する人。

そちらの職場はどうですか?とか相手の状況を聞く人。

酔いが回って、呂律が怪しくなってる人がいたり、ハイテンションになってる人。

目まぐるしい状態で、私も例外ではありませんでした。

楽しんでる人はいいんですけどね。

多少なら酒のツマミになっていいのですが、大丈夫かなと思ったのは、笑顔なく、自分事で終始していた人。

単純に自己中が悪い!と言ってる訳ではないんですが、極端な自己中だと、自分で自分の首を締めている気がしてなりません。

自分の事ばっかり話す人って、自分のことで精一杯だから、他人への思いやりとか配慮とか心配どころじゃないんですね。

自分の辛い立場とか、人間関係のストレスがどうとか、話すことと言ったら、自分のことばっかり。

それだけ、我が強いんだろうし、とても自己中なんだろう。と思ってしまいます。

悩みやストレスって、一般的に、人間関係、お金、仕事、健康に関することのいずれかだと思うのですが、我の強さがさらに悪化させているんじゃないかなと感じます。

--------

ところで、犬って人間に忠実ですよね。

自己中心の真逆で、ご主人中心主義なのが、犬。

ペットの中では、いつも一番人気。

常に、ご主人である人間を見ています。

私達の喜ぶ顔を見ると、犬も嬉しい。

それが、忠犬とか忠実といわれる所以。

しかしながら、ご主人が命令すると、

今日は面倒くさいから嫌とか、

命令は聞きたくないから知らんぷりしようとか、

そもそも何で俺がコイツの言うことをいつも聞かなければならないんだとか・・・。

もしそんな犬がいたとしたら、可愛くないですよね(笑)

しかし、世の中には、そんな忠実といわれる犬ですら、嫌いという人がいます。

ペット好きな人からすれば、そんな人の気持ちが分かりませんが、いますよね。

犬には犬なりの価値観があって、犬が人間を嫌うということはありません。

一方で、人間はというと、犬を好きな人もいれば、犬を嫌いな人も存在するのです。

理由を聞けば・・・

毛が抜けるから嫌い。
まとわり付かれると嫌。
吠えるとうるさいから。
吠えられると腹が立つ。
フンをするので嫌。
世話をするのが面倒くさい。
噛まれた経験があるので苦手。
小さい頃に追いかけられたトラウマから。

というように、いろんな理由があるわけです。

何が言いたいのかというと、人間って、つくづく自己中心的だなーと。

自己中も行き過ぎると、我が強くなり、わがままが際立って、プライドは、すこぶる高くなります。

笑顔があれば、まだ救いはあるのかもしれませんが、大概そういう人って、苦虫噛んだような顔していませんか。

そんな人は、プライドが邪魔をして、自分の方から歩み寄ることが出来ませんし、
他人を思いやったり、
気配りをしたり、
笑顔で話しかけたり、
丁重に挨拶したりなんて、出来ません。

自分のことを分かってほしい。
自分はこんなに大変なんだ。
何で私がこんな目に遭うんだ。

そうやって、自分のことばかり考えたり言ったりしていると、自分のことで精一杯なので、人の良さとか長所に気付く暇がない。

他人から学ぶ機会もない状態に陥ってるのです。


誰かの言葉か忘れましたが、

人を変えようとしても、変わらんよ。変えられるのは、自分だけ。

と聞いたことがあります。

自らの置かれた環境が過酷な人ほど、よく理解できるのではないでしょうか。

自分が変わった分だけ、人格が磨かれ、人徳が磨かれ、成長したといえるのかもしれません。

自分のせいばかりにしすぎるのはいけませんけれど、自分の考え方次第でどうにでも変わる。

そうやって、日々の思いや感情が、表情や仕草・行動に表れ、年月を経て人相や人格を形成していくのではないかと思います。


--------

大阪司厨士協会終身名誉理事長をされていて、有名なシェフでもある西村修一氏が、その昔、料理人としての修行時代の頃は、熱湯をぶっかけられたり、包丁の背で殴られたり、足で蹴られたりしたそうです。

現在ではあり得ないほどの過酷で厳しい修行の日々、たゆまぬ努力で、道を切り開いてきたのでしょう。

そういう人物は、ひねくれた思いやひがみ根性は一切なく、中卒というコンプレックスは皆無。

多方面で活躍されているのも頷けます。

こういう人物こそ、見習うべきですね。


人は見ていなくとも、お天道様はすべてお見通し

年を取るほどに謙虚でありたし

常に不昧因果の境地

睦月の半ば過ぎ


タグ /

コメント一覧

ぷー太 URL 2013-01-20 Sun 17:46:39

初めまして。

いつも楽しく拝見させて頂いてます。

我の強い方の悪循環判ります。

私現在派遣で働いているのですが前々職で管理職をしていて自身も我の強い処が在りましたが歳を重てなくなっていきました。

ただ其に捕まり抜け出せないかたもおりますが自分で気付く事が出来るか出来ないか違いなのかと感じる次第で御座います。

私の座右の銘は

常に謙虚な姿勢で日々新鮮な気持ちで迎える

何てのを挙げていていつか好転しなくとも現状維持ができれば良いかな位にとらえてます。

アラフォー就活生 URL 2013-01-20 Sun 22:59:51

ぷー太さん、初めまして!

> いつも楽しく拝見させて頂いてます。
おーそうなんですか。ありがとうございます。m(__)m

> 我の強い方の悪循環判ります。
>
> 私現在派遣で働いているのですが前々職で管理職をしていて自身も我の強い処が在りましたが歳を重てなくなっていきました。
>
> ただ其に捕まり抜け出せないかたもおりますが自分で気付く事が出来るか出来ないか違いなのかと感じる次第で御座います。

立場が相当変わるのは察しがつきます。。
私の場合は、大した役職の経験はないものの、年を取るだけで段々とプライド高くなるのが分かります。

> 私の座右の銘は
>
> 常に謙虚な姿勢で日々新鮮な気持ちで迎える
>
> 何てのを挙げていていつか好転しなくとも現状維持ができれば良いかな位にとらえてます。

私の場合は、普段意識しているかと問われれば、首を縦に振れません^^;
一時的に思うことは可能でも、毎日となると難しいもので。

しかし、ぷー太さんのように、気楽になるべく易しく考えるようにした方が、人生楽しくなりますね!

2013-01-21 Mon 20:29:35

このコメントは管理者の承認待ちです

オグ URL 2013-01-24 Thu 09:52:01

はじめまして。

昨年11月末に、希望退職のいう名目でリストラされて
就職活動中の40歳の男です。

ブログを拝見して、勉強させて頂いております。

地方なので、就職は厳しいですが、明るい気持ちを持って
家族の為に踏ん張りたいです。

自分以外は皆師匠。
それでは。

アラフォー就活生 URL 2013-01-25 Fri 19:26:16

オグさん、初めまして!

コメントありがとうございます^^

> 昨年11月末に、希望退職のいう名目でリストラされて
> 就職活動中の40歳の男です。

そうですか。。
リストラって、多いんでしょうかね。

> 地方なので、就職は厳しいですが、明るい気持ちを持って
> 家族の為に踏ん張りたいです。

ご家族をお持ちだと、より大変かと思いますが、早くオグさんに適した職場が見つかることを応援しています。

> 自分以外は皆師匠。
> それでは。

良い心構えというか、考えですね!
私の場合、そう考えたことはありませんでしたが、人の良い所は自然のうちに取り入れようとしています。

就職活動中は、普通に仕事をしている時よりも、ヘトヘトになると思いますが、いつも前向きで明るく積極的でいて下さいね。

と、アドバイスできる立場ではないかもしれませんが、応援していますので。

2013-01-26 Sat 13:08:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アラフォー就活生 URL 2013-01-26 Sat 22:08:19

鍵コメを下さった方へ
読んで下さって、ありがとうございます。

今回の記事で、傷つけてしまったかもしれませんね。
ごめんなさい。m(_ _)m

読ませて頂いた印象としては、ナイーブで、真面目なんだろうなとは感じましたが(違ったら御免なさい)、自己中だとは思いませんよ。
確かにそういう人が職場にいると、大変ですよね。。
同等の立場だったら、尚更です。
「こっちは真面目に仕事してるのに大して評価もされないし、あの人達はペラペラ喋ってても注意されないし、いったい何なのよ。
私の立場にもなってよ。あー、何か損した気分。」という感じでしょうか。

憎まれっ子世に憚る(はばかる)、悪貨が良貨を駆逐するというように、いつも悩まされる立場にあるのは、善人や心優しい人の方です。

文面から、普段も言いたいことをズケズケ言ってるように思えるかもしれませんが(苦笑)、そんなことはありません。
私も同じようなものですよ。
真面目な人ほど、他人の欠点が許せないし、自分を責めます。
気遣い屋さんほど、他人から見れば、悩まなくていいようなことも悩んだりするんですよね。

「控え目」「真面目」「気遣い家」さんの方が、私は好きだし、長所だと思いますよ。
ただ、真面目も度を越すと心配になりますが・・・。

あっ、怒りを昇華するには、そうですね。
人間だからそういう感情になるのは無理もない。だから、私は悪くない。腹立つことがあれば腹が立つし、
悲しいことがあれば悲しくなるし、泣きもする。嬉しいことがあれば嬉しいし、面白いことがあれば笑う。
それが人間なんだもん。私だって人間なんだから。
そんな人でも、毎日が幸せでありますように。笑顔で過ごせますように。彼彼女の長所が活かされますように。とか。
そうやって、フツフツと湧いてくる怒りの気持ちを沈めると良いかもしれませんね。

想いよりは、言葉の方が強いですから、誰もいない所でブツブツと呟けば、いつしかスーッと気持ちが落ち着いてくると思います。
コツは、最後に相手の幸せで終わることでしょうか。
自分に自信を持って下さいね!

2013-02-10 Sun 22:46:43

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。