ホーム » スポンサー広告就活日記 » 職業訓練を受けて、30代後半の就職活動が成功するか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

職業訓練を受けて、30代後半の就職活動が成功するか?

30代後半、男性の再就職活動ですが、ここまで仕事が決まらないとは思ってもなかったです。

さっと再就職を決めて、試用期間は再就職手当で、何とかしのげるだろうと考えてました。

でも、決まらないままズルズルと月日が経つよりは、アルバイトや派遣社員をやりながらでも、ちょっとぐらい難しくても資格を取得すれば、就職がかなーり有利になるなら、「取ります!やります!頑張ります!」と言いたいとこですが、そんな都合良く、資格取得=就職決定とはなかなか上手くいかないもの。

調べましたよ、一生懸命。ない頭を搾りながら、そして得た答えは・・・。

厚生労働省の緊急人材育成支援事業を受けてみるのもいいのかなと真剣に考えました。

思えば、「雇用保険の説明会に参加して、ハローワークの窓口で、職業訓練を受講されたらいかがですか?」と勧められても、「すぐにでも就職して働きたいし、やっていけないので。」と返答して、早3ヶ月。

いまだ就活中。

先週は、紹介状もらいついでにハローワークに置いてある、職業訓練のパンフレットを片っ端から持ち帰りました(笑)

興味を惹いたのは、貿易実務実践科から通関士を目指す方法、CG・Webクリエイター養成科の受講、Webデザイナーとして就職、CAD、介護福祉やヘルパー2級の資格取得して、老人ホームへ入職とか。

ネットワークエンジニアくずれの私には、本職がプログラマーとかムリ。
でも、Webデザインには興味あるんですよね、以前から。

一番興味を持ったのは、通関士とWebデザイナーかな。
求人数でいえば、Webデザイナーがダントツで多い。

でも、実際のところ、40歳未経験で採用されるのかどうかは、運と本人次第といったところでしょう。
デザイン関係だと、センスとスキルも必要でしょうか。

雇用形態が派遣でも、月に15万円程度でも、長時間労働でも、残業続きでも、何が何でもWebデザイナーになる!という強い意志があれば、Webデザイナーの経験を積みながら、ステップアップしていくことは可能かも。

通関士の方は、貿易実務と関連が深いので、3ヶ月の職業訓練(現場見学付き)を受けて、年に1回の通関士資格受験に向けて、独学で取得後に就職活動というのも考えました。

でも、求人数がめちゃ少ないのが難点で、必ずといっていいほど、応募資格は実務経験が必要、英語力も必要とされたり、ハードルが高いのは否めません。

将来性は凄くあると思うのだが、40歳で未経験、通関士資格を取得出来たとしても、就職出来なかったら悲惨です。

もちろん、努力した分は次につながるだろうし、道は開けると信じていますけどね。
その度に20代だったらなーと最近思うことが多いです。。

35歳以上、40歳以上だと、3ヶ月ないし6ヶ月の訓練を受講したとしても、そのほとんどが即就職に結びつくかといえばそうではないだろうし、あくまで補助的なものに過ぎないと考えた方がよいのかもしれません。

まず、人生設計、将来設計をきちんと立てる方が大切なのかも。
自分に何が出来るのか。これまでの経験が活かせるのか。誰でも何か強みがあるはず。

それに沿った訓練だったら、やってみたらいいだろうし。
ステップアップしていけるなら、いいだろうし。

ただ、年齢の壁は分厚いですから、それを突破するだけの研究も必要ですね。

退職理由は?
将来設計は?
自己PRと志望動機を簡単にお願いします。
弊社を選んだ理由は?
当社で何が出来ますか?


1つの会社にずっと10年、15年勤めた人は信用があると思われますが、反対に転職回数が多いと信用されにくいですよね。

これは仕方ありませんから、もし面接にこぎつけたら、それら不利な点をネジ返す位のやる気とか、情熱とか、前向きさ、爽やかさ、笑顔など良い印象とマイナスをプラスに切り返す具体的な考えや話を考えるべきでしょうね。

だって、やる気があるから、応募してるし、面接にだって来てるんですから。
それを伝えきれないのは、勿体ないだけです。

と、自分を鼓舞するのはこのくらいにして。。


30代後半や40代といえば、普通に会社へ就職して、20年近く経つ年代ですから、それなりの管理能力や実務能力が問われるのは当然。それを未経験で採用される職業って、不可能ではないにしてもかなり限定されますよね。

30代後半、40代での再就職活動をする場合、未経験の分野でも通用するのは、フォークリフトや電気工事士の免許などでしょうか。

物流センターへの就職活動なら、フォークリフトを持っていた方が給料も手当てが付いたり、優遇されるだろうし、電気工事士の免許があれば、電気工事関連の求人は多いみたいですし、強みになりますか。


35歳からの転職成功ルール
転職面接必勝法


タグ /

コメント一覧

Duke URL 2010-03-18 Thu 21:37:29

電気系、運転系は資格=就職になりやすいですね。
求人数も多いですしね。

30代後半男の就活日記 URL 2010-03-18 Thu 22:17:40

> 電気系、運転系は資格=就職になりやすいですね。
> 求人数も多いですしね。

なるほどー。私も最初、電気工事士関連の職業訓練を勧められました。
あと求人多いのは、介護系で、ヘルパー2級とか取るといいかもですね。

Duke URL 2010-03-19 Fri 11:16:12

介護系で、ヘルパー2級は多いですねー。
でも、給料がかなり安いみたいで・・・。この前も、国の援助入りましたよね?
ヘルパーの給料を上げるためにって。あまり効果なかったらしいですけど。
なにより、お年寄りを心底好きにならないと難しい仕事ですよね。かなり立派な仕事ですけど。

30代後半男の就活日記 URL 2010-03-19 Fri 21:35:06

> 介護系で、ヘルパー2級は多いですねー。
> でも、給料がかなり安いみたいで・・・。この前も、国の援助入りましたよね?

そうなんですよね~。給料が少ないのは仕方ないんでしょうかね。
腰を痛めるたり、年取ったらやれませんよと言われました。

39歳の就活失敗男 URL 2010-04-13 Tue 20:33:14

自分は39歳の正社員も人材派遣もアルバイトもどこも不合格、おまけにハローワークの職業訓練の面接すら受かったことのない男です。この訓練は定員○名のところにその数を超える人間が殺到し、たいてい落とされるのが、おちです。ですから、こんな当てにならない訓練を受けるより、どんどん派遣のエントリー応募をたくさんして、連絡がすぐ来るのを待ちましょう。ただし、自分はエントリーもしてみましたが、未だに面接すらたどりついたことはありませんが。

39歳の就活失敗男 URL 2010-04-13 Tue 20:58:43

最近のマスコミや政府関係者は就職に困っている人と言うと必ず、大学や高校の連中を取り上げるがそれは大いに間違っていると思う。学生どもは学校の就職課と言うところや友人、ОB等に助けてもらえるが、30代後半で友人もОBも学校も縁の無い自分のような男は、助けてもらうところもないし、明日以降の将来像がまったく見えない状態だ。マスコミや政府は30代後半以上の就職が難しい人たちの救済を真剣に考えているのだろうか。だからあえて言う、本当に就職に困っているのは学生ではなく、30代後半以降の人々だ!

39歳の就活失敗男 URL 2010-07-17 Sat 09:00:57

最近、参議院選挙の政見放送や政治家が出演する番組を見ても、雇用問題で保護するのは、どの政党も34歳~下の若者ばかり、30代後半以降の就職につけない人間は眼中にない政治家が多すぎ。特に、大学生は自分らの学校の就職課に頼ればいいものを合同説明会とか何かにつけて、保護されている。これも30代後半以降の人間から見たら、腹立たしい。もう少しその問題を取り上げる勇気ある政治家がいないものだろうか。むなしい。

2010-08-25 Wed 11:19:20

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。