ホーム » スポンサー広告就活日記 » 編集職の正社員の求人に応募したときのこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

編集職の正社員の求人に応募したときのこと

まだ在職中のときの話、いつまでも安月給で続けていけないなと思い、転職活動をしていたときです。
転職サイトで知った“編集職”という求人。しかも、雑誌ではなくインターネットの編集職。

詳しくは分からないけど、会社のホームページを見たりしたところ、伸びている会社でした。
何よりも、興味がある分野というか業界だったので、早速応募してみました。


勤務地は、新宿
勤務地は、新宿でした
仕事内容は、サイトや記事を作成するのにライターさんを社内・社外問わず雇っているのですが、その進捗や全体管理でした。

休日も多く、お給料がめちゃ良かったし、これは!と思って、応募したわけですね。

そしたら、翌日くらいにその会社から、会社説明会と面接を行いますので、いついつの何時にご来社下さいと、メールで返事が来ました。

そして、当日。
行ってみたら、凄かった。。

何がって?
応募者の数ですよ。

説明会の担当をしている担当の女性に聞いたら、「別日程も含めて、300名ほど応募されています。」

しかも、95%くらいは、みんな女性でした。
その後の面接は、取締役が担当だったのですが、「こういうお仕事の経験はありますか?」履歴書、職歴書、作品をパラッと目を通して(決して読んではいない)、「難しいかな。」と言われ、3分くらいで終了(汗)

しかし、淡い期待を胸にしているヒマもなく、不採用通知が届くのは早かったです。
平日に仕事を休んで、就職活動する大変さが身にしみました。




タグ /

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。