ホーム » スポンサー広告ニュース » 未婚男性の年収平均と高収入男性を巡る独身女性の戦い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

未婚男性の年収平均と高収入男性を巡る独身女性の戦い

下記の図は、野村総合研究所の調査から算出された、未婚男性の年収分布図(分かり易すぎる。。)

未婚男性の年収分布
20代、30代、40代の未婚男性の平均年収は、400万円以下が8割
500万円から700万円未満の未婚男性が、5%
700万円から1000万円未満の未婚男性は、2.4%
1000万円以上は、わずかに0.4%

要するに高年収の未婚男性は、さっさと結婚しているということだそうです。
昨今、婚活ブームですが、某結婚相談所の経営者に「年収1000万円以上の男性との結婚はありましたか?」と聞いたところ、「ないですね~」と返答。

その希少価値の高い独身男性の一人である、ウチヤマさん(仮名、36歳、IT企業経営、年収1200万円)という方に話を伺ったところ、「昨年だけでメアドをゲットした女性の数は300人以上です」
また、「起業家仲間の合コンやパーティは週2、3回。仲間の住む六本木ヒルズやミッドタウンなどで行われ、集まるのは20~35歳のタレントやモデル、女子アナ、OLから女子大生まで。いずれも「容姿に自信がある」女性ばかり」だそうです。

そんなウチヤマさんに「男が大成するには、できた嫁が必要」と注意を促しているのが、社長仲間であるイシダさん(仮名、38歳)。

イシダさんは、18歳で起業、25歳でお金持ちになったが一度会社を潰し、また東京で起業している。
「派手な女の子と結婚してダメになった社長をたくさん知っています。いいワインが飲みたい、時計を買ってくれ、家がほしい……どんどんエスカレートして、何億あっても財産を食いつぶされます」

家計費を渡したらパーッと使ってしまうような人では困る。会社が傾いたときさっと「へそくり」を出してくれるぐらいがいい。たとえ年収100万円でも貯金する姿勢のある人がいい。それなのに、合コンやパーティに来るのは「基本は男に寄りかかりたい」という女性ばかり。

「僕は年収350万円のときに結婚しましたよ。起業したばかりで借金もあったし、妻のほうがずっと稼いでいました」と言うのは別の会社社長ハヤシさん(39歳、年収1200万円)。

結婚したのは33歳のとき。会社が成功するまでは結婚しないと思っていたが、彼女のお父さんが入院し、挨拶に行った直後に亡くなったことがきっかけとなった。

妻は今、子育て中だが、自宅でフリーの仕事をしている自立した女性。「成功しないと結婚できない」と思っていたのは、ただの言い訳だったとわかった。
「家族がいることで頑張る原動力になる。彼女はキャパの広い女性。やりたいことがある男は孫悟空でいいんですよ。お釈迦様の手の平の上で好きにやる」

引用:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101001-00000001-president-bus_all


これで思い出したのが、東京でひょんなことから知り合った、70歳のご婦人。
「一緒に苦労して、頑張れる位の女性じゃなきゃ、だめよ」

そのおばさん、近所に住んでいたこともあって、良くしてもらったんですが、若い頃は、銀座で2店舗のお店を切り盛りしていたほどの人。

出会いを作らないと結婚もないですが、婚活ブームによる犠牲者が、なるべく出ないことを願うばかりです。

いや、ガンガン断られても、ガンガンアタックして、1人をゲットできれば、結果オーライなのでしょうか。


本気で結婚したい人のお見合い活動マニュアル


タグ /

コメント一覧

katu URL 2010-10-08 Fri 21:44:56

コメントありがとうございます。
プロフィールを拝見しまして
私も何をやっても
長続きしない性格で
似てるなあと思いました。

最近働きだして
早くも辞めたいと
思うことがあります。
しかしこれでは
今までの繰り返しになると思い、
頑張っています。

これからも応援していますので
頑張ってください。

aroundfourty URL 2010-10-10 Sun 20:16:23

katuさん

コメントありがとうございます!
私も応援してますので、お互い頑張りましょう!^^

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。