ホーム » スポンサー広告ニュース » 日本郵便、非正規社員を2000人削減

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

日本郵便、非正規社員を2000人削減

年明けて、久々の更新になります。。

PCシステムエラー
↑家の停電で、PCがシステムエラー(泣)

去年のいつ頃だったか、ゆうパックの遅延、私も一時期ありましたが、その日本郵便が、非正規雇用社員を2000人削減するそうです。

パートやアルバイト以外に派遣社員もいたのかどうか分かりませんが、ゆうパック配送の遅延時期に雇用人数を増やした分、元に戻すということらしいです。

1050億円の赤字でもやっていけるとは、中小企業ではあり得ません。
私が経験した派遣会社の契約は、1ヶ月更新と3か月更新というのもありましたが、雇用契約期間満了することを雇止めとも言うのは知りませんでした。


日本郵政グループの郵便事業会社(日本郵便)が、約15万3000人いる非正規社員を2000人程度減らす方針を固めたことが12日、わかった。

ゆうパック遅配問題への対応でふくらんだ人員を減らし、昨年7月時点と同規模の人員にすることで、数億円規模の経費削減を見込んでいる。

日本郵便は、面談を通じて非正規社員から希望退職を募り始めており、一部に対しては、2月下旬にも契約打ち切りを通告する。契約を延長する非正規社員に対しても、時短労働を求めるケースがあるとみられる。

日本郵便は、ゆうパックの遅配問題などが原因で、2011年3月期決算で営業利益が1050億円の赤字となる見通しだ。

日本郵便は、人件費抑制のため、12年度の新卒者採用の中止を決めており、配達個数に応じた歩合制の給与体系の採用を目指している。さらに、トラック便を減らすなど物流の効率化で、12年度には営業利益の黒字化を図る方針だ。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110212-00000520-yom-bus_all
タグ /

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。