ホーム » スポンサー広告ハローワークの手続 » 再就職手当の条件を聞いてみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

再就職手当の条件を聞いてみた

雇用保険の再就職手当の条件なるものがあることを知っていたが、受給資格は正社員として採用されて働くのが前提とばかり思っていました。

派遣就業証明書
↑派遣就業証明書

ま、仕事が決まったときに申請手続きしてもらえたらいいやーということで、再就職手当のことは忘れて、就職活動に勤しんでいたし。

でも、なかなか決まらず、書類選考すら落ちまくっていて切羽詰ってきたとき、長期雇用のアルバイトでもやりながら、社会保険労務士の資格とか勉強してみようかと考えたりしていたら、ふと再就職手当のことを思い出して、「雇用保険受給者資格のしおり」を引っぱり出して、読んでみるけどよく分からん。

で、直接ハローワークに聞いてみるのが早いと思って聞いてみました。
そしたら、OKだった!
---------

正社員ではなくても、アルバイト、パート、契約社員、派遣社員としての勤務でも、雇用契約の期間が1年以内に定められていなければ、再就職手当ての支給対象になる

正確には、雇用契約が1年以内と決められていて、それ以上の契約更新がありえない雇用に対しては、再就職手当ては出ませんよ!ということみたいです。

ただし、下記の条件ほか、全部で9つの要件を満たす必要がある。

1.週20時間以上の勤務
2.雇用保険の加入
3.1年を超える雇用が前提※
※雇用期間が6ヶ月とか1年とか、最初から決められている場合は、不可。

詳しくは、「雇用保険受給資格者のしおり」参照。

で、再就職手当の支給日(タイミング)は、手続き後、早くて1ヶ月半後。
再就職手当ての金額(計算)は、雇用保険のしおりに譲るとして。

蓄えというか貯金でもあれば、職業訓練でも受けてみたいのだが・・・。


2010.6.18追記
私の場合、2か月契約の派遣社員でも、再就職手当が支給されました。

だって、職場には同じ契約の派遣社員が、長い人では3年とかいますから、1年以上の雇用契約の可能性があるのなら、支給用件を満たすのでしょう。でなければ、不公平が生じますからね。

半年契約だろうが、その後の契約更新がなされているようであれば、再就職手当の支給要件を満たすようです。

分からないことはハローワークの窓口に相談した方が良いですね。
でなければ、働く意思を持つ人の生活支援ということになりませんので。


▼関連記事:再就職手当の支給結果
夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法





タグ /

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。