ホーム » スポンサー広告ニュース » 現金強盗された6億円の重さを調べてみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

現金強盗された6億円の重さを調べてみた

東京都立川市柴崎町3丁目の警備会社で、5月12日未明、過去最大の現金強奪事件が起こりました。
その被害総額は、約6億円。。

焼肉和
焼肉和のランチ定食(京急線雑色駅商店街)

犯人らは、重たい硬貨などには手をつけず、約5分という短時間の間に現金を選別。
金額の大きい紙幣の入った袋だけを持ち去ったそうです。

たった5分間で識別するって、明らかに内部事情に詳しくないと無理な話では?

6億円て、かなりの重さになるんじゃないかな?と疑問に思ったので調べてみました(笑)
6億円って、約60キロもあるんですね~知らなかった(◎_◎;)

1万円札1枚の重さが、1.02グラム。

6億円の重さは・・・

60,000枚×1.02g=61,200g
61,200g÷1,000=61.2kg

合計で61.2キロということは、小分けにされていたら、大した重さではないか。

でも、5千円札や千円札だと、さらに重量がアップしますね。

現金輸送の警備の仕事はしたことないし、お金の重さなんて考えたこともありませんでした。





タグ /

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。